50代で転職するための抑えておきたい心得

50代で転職するための抑えておきたい心得

 

 50才にもなって転職…信じるも信じないも、そして信じられないも、終身雇用制が崩壊した今では、十分有り得ることになってきました。この矢面にたたされた迷える50代に果たして転職市場はどういう顔で迎えてくれるのでしょうか? またどんな顔で対したらよいのでしょうか?

 

 

 

 

1 何を利用するか

 転職へと舵を切る前に、どういう方法で効率のいい転職を乗りきるのかを考えましょう。その前に大事なことをひとつ。もしまだ退職していないなら、転職先が決まるまで知らぬ顔して在職し続けてください。

 

 その上でまずあなた自身の棚卸しをしてください。長年の職歴の中で自分こそ、と誇れるものは何か、転職先に活かせる顧客は持っているか(元の職場での取引は続けたままで)、頼れるコネはあるか、などです。

 

 もし既に退職しているなら、生活費はいつまで持つのか、もしそれ以上に転職活動が長引いた場合の生活費はどうするのか、アルバイトでもしながら活動した方がいいのではないか…等など、できるだけ雑念を廃した中で転職活動を続けられるよう周辺環境を見直したり、整理しましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

2 独断は厳禁 

 自分に知らないことはない…と勝手に思い込みがちになりますが、酸いも甘いもかぎ分けた仕事人のプロを自称する50代の人は、自分流のやり方で転職を乗り切ろうとします。これはとても危険なことです。嘘だと思ったら就職斡旋を専門に行う会社を訪ねてみてください。

 

 出来るだけ実績を積んだ会社の方が納得することも多いでしょうからリクナビネクストやリクルートエージェントがお勧めです。プロの目で人材を紹介し、それによって企業からの信頼を深めていくのが使命ですから、適材適所の会社と先述をアドバイスしてくれるのです。自信ありと豪語する方とはそもそも視点か違いますから、出てくる先述はおよそ未知のものばかりでしょう。

 

<おすすめの転職サイト>

 

 

【参考記事】

 

 

 

3 会社へのアプローチ 

 転職する上での対策をほぼ講じたら、いよいよその成果を試す時です。強く志望する会社に巡り会えたら、できるだけ早いうちに履歴書や職務経歴書を作成し、投函します。

 

 このとき持参した方が好印象として残るのではないか…と思いがちですが、呼んでもいないし、採用の『さ』の字すら見えないアポ無しの人間にまず会いません。煙たがられるのが関の山です。また会社選びについて、年収アップや何十人と部下を使ってきた能力を活かして上級管理職を希望…という気持ちは分かりますが、年収300万円〜400万円圏内も甘んじて受け入れないと難しいかもしません。

 

 そもそも50代向けの求人は極端に少ないこともありますから、正規社員以外の非正規雇用も視野に入れて考えるというように、時には希望を数段下げる勇気も必要です。

 

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

 

4.面接 

 転職活動の天王山ともいうべき面接試験の時がやってきました。待ちに待ったチャンスです。誰でもこの時を省いては採用はありません。最後の関門です。長年の豊富な実務経験を経ているという自信の中で、冷静沈着な姿勢に立ち返りそれを思う存分発揮して、悔いのない10〜20分間の受け応えをやり抜いてください。

 

 仮にコネであっても、意欲のない面接では紹介者のメンツをつぶしてしまうことになりますので、くれぐれも気を緩めずに臨むことが大切です。

 

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

5.目指すは円満退社、転職先の期待に応えた入社

 まだ在職している人は、転職先が決まってから退職願いを出しますから、そこから退職までの秒読み…というか、日めくりのカウントダウンが始まります。会社はふつう退職する一ヶ月前迄に意思表示をすることと就業規則に書いてあります。

 

 しかしこれに縛られては、転職先が希望する日までには入社できないでしょう。中途採用は、即戦力の補充ですから。従ってこの部分だけでいえば、意思表示をする初めの段階から円満退社は不可能ということになります。

 

 ですが、法的には二週間前に意思表示をすればいいとなっていますので、実際は二週間後に退職しても問題はないのです。こういった場合には円満退職はかなり難しいと言えます。それより、今は先を見ることの方が大切ですから、できるだけ新たな会社の意向に添うように努力することが何より大切になります。

 

 

 

【参考記事】