退職理由はどうするか

退職の理由はどうするか

 

 退職の意思表示をする時は退職届に理由を書かなければいけませんが、この理由に関しては「一身上の都合」で問題ないでしょう。実際に理由によっては企業側との印象が悪くなって円満退職をするのが難しい状況になってしまうからです。

 

 下手な理由を付けばそうなってしまうため、無難にその理由を明かさないようにした方がいいということです。最も長年仕事をしてきた企業であれば企業側が理由を口頭で聞いてくる場合もありますが、こちらも本当の理由は言わずに一身上の都合で通した方がいいです。

 

一身上の都合で通す

 

 しかしこの退職理由は退職届をする時だけでなく、他の理由を話す際にもこれで通さなければいけません。何故ならどこかで本当の理由を答えてしまうと、それがどのように企業の耳に入るか分からないからです。

 

 聞かれる心配がないと考えられる場所でも聞いた人間によってどう伝達していくか分かりません。これは家族であっても同じことなのです。そのため他から理由を聞かれようが決して話さないようにしましょう。気をつけたいのは退職した後であり、退職したので問題ないと考えるとそれはそれで実は悪い影響が出る可能性もあるため、退職後も用心をする必要はあります。

 

 

【関連記事】