退職時の挨拶について

企業の人達との挨拶

 

 退職するとなれば当然今仕事をしている企業の人間達に挨拶回りをしていくことになります。しかし企業の規模によっては全員に回るのは難しいこともあるため、自分が仕事をする上で関わった範囲で回っていくといいでしょう。挨拶に関しては自分が退職をするということ、そして今までお世話になった礼をするぐらいでいいでしょう。最も同僚や部下にここまで深く関わった人間がいるのであれば、他にも何かしら退職前の最後の会話をするのもいいかもしれません。

 

 しかし気をつけたいのはその会話内容です。迂闊に企業に不満を持って辞めたことをもらすとそれが企業側の耳に入る恐れがあります。口は災いの元です。迂闊なことは言わないようにして挨拶周りを済ませるようにしましょう。

 

客達への挨拶

 

 退職する前に他のお世話になった客の企業達へ挨拶周りをするのも忘れてはいけません。転職先でもどのような形でお世話になるか分からないからです。50代ともなれば本当に様々な企業と関わってきた人が多いと思われます。

 

 多いと流石に全てを回るのは難しいというものです。その場合には自分が特に世話になった企業はどこかを考えて、底を優先して訪問していき、無理だと感じた企業はメールを利用して挨拶をしましょう。

 

 

【関連記事】