退職のための手続きは

退職までの流れを理解する

 

 退職の手続きをする場合にはどういう流れになるかを理解することから始めましょう。実際に退職の手続きは上司に退職の意思表示をするところは基本として変わりませんが、その後は引継ぎ作業や退職日の調整、挨拶としていくことになり、更に人や企業によっては何かしらしなければいけなくなります。

 

 流れを理解していないと必要なするべきことが一部抜け落ちてしまったり、退職日までに終わらない可能性が出てきてしまいます。特に50代となればやることも多いため尚更のことです。

 

 退職の流れに関しては内定が決まった後でなく、転職活動が始まる前に確認して把握をしておきましょう。もちろんそのためにやるべきことがあればその準備をしておくことも忘れてはいけません。

 

 企業の規則に則って動く必要もあるため、その退職の規則に関しても忘れないように確認しておいてください。

 

予期せぬトラブルも覚悟して進める

 

 実際に退職の手続きを進めていく時に場合によっては何かしらトラブルが起こり一時手を止めて、別の作業に回らなければいけないという時も出てくるでしょう。退職することが決まっているとはいえ、退職するまではその企業の社員であるため当然とはいえます。しかしトラブルが遭ってもどうにか退職日の数日前には終わらせられるようにしなければいけません。

 

 作業をするのであればそうしたトラブルのことも想定して進めていくようにしましょう。

 

 

【関連記事】